調剤薬局がお届けする呼吸器疾患について解説するサイト

検査方法

検診や人間ドックで、呼吸器の病気を調べる検査としては、一般に胸部X線による単純撮影が行われます。ほかに肺活量を測定する肺機能検査や喀痰(かくたん)検査が実施されることもあります。 これらの検査で疑わしい病気があれば、動脈血分析、胸水穿刺、X線による胸部断層撮影、胸部CT、気管支内視鏡などの精密検査が行われることになります。

光熱費込み、清掃費込み、インターネット即日接続できる大阪市淀川区のマンスリーマンション 大阪 大阪最安値に自信があります! お気軽にお電話下さい 0120-686-277

・ 胸部X線検査… 肺炎、肺がん、肺気腫などの呼吸器系疾患の有無と程度がわかります。
・ 胸部CT検査… 胸部X線の結果、肺がんや胸部の病気が疑われたときに行なわれます。
・ 気管支内視鏡… 細い管を口から挿入して、気管や肺の内部を観察します。
・ 肺シンチグラム… 肺動脈の血流障害や、呼吸機能を調べるために行われます。

薬局は調剤をメインに行う調剤薬局や門前薬局のことだけを指すものでなく、調剤室を備えるなど条件を満たして薬局開設許可を受けていれば、ドラッグストアも薬局といえる。

・ 肺機能検査… 肺の容積や、空気を出し入れする換気機能のレベルを調べます。
・ 酸素飽和度検査… 動脈血の中に、酸素がどの程度含まれているかを調べます。
・ 動脈血ガス分析… 採血した血液を血液ガス分析装置で分析し、呼吸機能を診断します。
・ 喀痰検査… 痰を採取して、含まれている病的な成分を顕微鏡で観察します。
・ ピークフロー値… 吐き出した呼気の最大流量のことで、気道の状態を把握できます。
・ 胸水穿刺… 肺や胸膜、胸膜臓器に障害があると胸水は異常に増加します。
・ 肺生検… 肺の病巣から組織片を採取して、呼吸器系疾患を鑑別します。

 

薬局