アスベストの危険性

アスベストの危険性

アスベストの危険性については広く警戒されていますが、職場以外でアスベストにさらされても、発症するリスクはきわめてわずかです。



アスベストは、非常に小さく砕かれないかぎり、肺の内部まで吸いこまれることはありません。





薬局は調剤をメインに行う調剤薬局や門前薬局のことだけを指すものでなく、調剤室を備えるなど条件を満たして薬局開設許可を受けていれば、ドラッグストアも薬局といえる。



アスベストを含む断熱材が使用されている建物の解体作業に携わる人のリスクは高くなります。





定期的にアスベストを扱う人は肺疾患を引き起こすリスクが最も高くなります。アスベスト肺の症状は、肺が広範囲にわたって瘢痕化した後に徐々に現れます。


薬局