呼吸器疾患について解説するサイト

気管支炎

気管支炎とは、気管支カタルとも言い、細菌やウイルス、ときに物理・化学的刺激やアレルギーによる気管支の炎症です。ほとんどの場合、風邪によるノドの炎症が悪化して深く入り込み、気管支の粘膜にまで及んで炎症を起こす呼吸器系の病気です。急性と慢性があります。

光熱費込み、清掃費込み、インターネット即日接続できる大阪市淀川区のマンスリーマンション 大阪 大阪最安値に自信があります! お気軽にお電話下さい 0120-686-277

急性気管支炎なら、漢方などの治療薬を飲み、安静にしていれば、比較的短期間のうちに完治します。 慢性気管支炎は、急性気管支炎が慢性化したものではなく、また別の病気です。2年以上にわたって痰を伴う咳が出るものを慢性気管支炎といいます。
急性気管支炎の場合は、風邪による炎症が悪化して気管支まで及んで炎症を起こすことがほとんどです。ずっと咳が出るので苦しいのですが、すぐに治るので心配ないといわれています。
慢性気管支炎の場合、主な原因は長期間にわたる喫煙や、大気汚染、粉塵やガスなど、周囲の環境に起因することが多いです。7年以上喫煙を続けている人は注意が必要です。

薬局は調剤をメインに行う調剤薬局や門前薬局のことだけを指すものでなく、調剤室を備えるなど条件を満たして薬局開設許可を受けていれば、ドラッグストアも薬局といえる。

主な症状は咳が出ること。乾いた咳や痰を伴う咳が出る。咳が次第に激しくなってくると、発熱や胸痛、呼吸困難を引き起こす場合もあります。痰は白っぽかったり黄色味がかっていたり、人によってさまざまです。急に動いたり、階段を上ったりして息が上がると、余計に激しく咳や痰を伴います。また寒くなってくると咳が出やすくなったりします。

 

薬局