呼吸器疾患について解説するサイト

気管支喘息

気管支喘息は空気の通り道である気管支がアレルギーなどで炎症を起こし過敏になり、何かの刺激で腫れたり痰がでたりして狭くなり呼吸が苦しくなる慢性の病気です。「喘息」というと「小児喘息」、「アレルギー」と思い浮かべる方も多いと思いますが最近は成人にも少なくなく、必ずしもアレルギー体質の人だけがかかるとは限りません。喘息は発作が起きるととても苦しい病気ですが、発作がおさまれば普段と変わらないのが特徴です。

光熱費込み、清掃費込み、インターネット即日接続できる大阪市淀川区のマンスリーマンション 大阪 大阪最安値に自信があります! お気軽にお電話下さい 0120-686-277

しかし、発作がない時にも気管支は慢性的にアレルギー性の炎症が起こっている事がわかり、炎症をおさえる治療を継続することが必要です。放置すると気道壁が厚く硬くなる構造的変化(リモデリング)がおこり、喘息が重症化し、難治性となります。
症状としては、何かのきっかけで急に息苦しくなり「ヒューヒュー」、「ゼーゼー」といった音(喘鳴)がでる発作をおこします。また慢性的な咳、痰だけの人もいます。発作には自分でもわからないような軽いものから死に至るような重症なものもあり大きな発作を起こしたことがある人は注意が必要です。夜間から朝方の時間帯に悪くなる人が多いのも特徴です。

薬局は調剤をメインに行う調剤薬局や門前薬局のことだけを指すものでなく、調剤室を備えるなど条件を満たして薬局開設許可を受けていれば、ドラッグストアも薬局といえる。

気管支喘息の患者数は近年急速に増加しています。小児では人口の6%、成人では3%程度まで増加しており、ほぼ10年毎に1.5〜2倍になっております。増加には住宅環境、生活様式の変化、大気汚染、ストレスなど要因が関与していると考えられます。

 

薬局