呼吸器疾患について解説するサイト

肺疾患

肺疾患には、呼吸器感染症(肺炎や気管支炎など)気道炎症および関連疾患(気管支喘息、慢性閉塞性肺疾患など)間質性肺疾患(肺胞隔壁に病変をきたす疾患の総称。代表的なものに間質性肺炎があります。)血管性疾患(肺血栓塞栓症など)肺腫瘍(肺がんなど)胸膜疾患(肺を覆う胸膜の病気。腫瘍・炎症など)縦隔疾患(呼吸器系とは機能が異なりますが、胸部疾患であるため呼吸器科で診療を行うことが多い。)などに大別されます。

光熱費込み、清掃費込み、インターネット即日接続できる大阪市淀川区のマンスリーマンション 大阪 大阪最安値に自信があります! お気軽にお電話下さい 0120-686-277

間質性肺疾患とは肺胞の壁(間質)に炎症がおきる病気を総称して「間質性肺疾患」と呼んでおり、この中でも、線維化をおこしやすい病気を特に間質性肺炎とまとめて呼んでいます。一般的に単に「肺炎」と呼んでいる疾患は、細菌やウィルスの感染が原因でおこり、その病変の場所は肺胞の内部(空気のあるところ)です。この点が肺炎と間質性肺炎との大きく異なる点です。
間質性肺炎をひきおこす原因としては、肺に吸い込んだカビ、粉、金属粉、石綿などに対する反応や、抗癌剤、抗生物質、不整脈の治療薬、漢方薬などの一部など多くのものが知られています。

薬局は調剤をメインに行う調剤薬局や門前薬局のことだけを指すものでなく、調剤室を備えるなど条件を満たして薬局開設許可を受けていれば、ドラッグストアも薬局といえる。

間質性肺炎(正確には、その中でも発生原因が不明な特発性間質性肺炎)は、国が難病として研究・調査の対象 に指定した118の難治疾患(「特定疾患」と呼ばれています)の中の1つで、発病率は、一般的に10万人に5人程度と言われています。

 

薬局