呼吸器疾患について解説するサイト

アスベスト

アスベストは異なる化学構造をもつ繊維性の無機ケイ酸塩から構成されています。アスベスト繊維を吸いこむと肺の奥深くまで入りこみ、瘢痕化を起こします。また肺を覆う2層の胸膜が肥厚化します。アスベストによって肺癌も起こります。アスベストによる肺癌は、吸いこんだアスベスト繊維の量とある程度の関係はありますが、アスベスト肺の患者の中で肺癌を最も高頻度に発症するのは喫煙者、特に1日1箱以上吸う患者といわれています。

光熱費込み、清掃費込み、インターネット即日接続できる大阪市淀川区のマンスリーマンション 大阪 大阪最安値に自信があります! お気軽にお電話下さい 0120-686-277

アスベストの危険性については広く警戒されていますが、職場以外でアスベストにさらされても、アスベストに関連する病気を発症するリスクはきわめてわずかです。アスベストは、非常に小さく砕かれないかぎり、肺の内部まで吸いこまれることはありません。アスベストを含む断熱材が使用されている建物の解体作業に携わる人のリスクは高くなります。定期的にアスベストを扱う人は肺疾患を引き起こすリスクが最も高くなります。

薬局は調剤をメインに行う調剤薬局や門前薬局のことだけを指すものでなく、調剤室を備えるなど条件を満たして薬局開設許可を受けていれば、ドラッグストアも薬局といえる。

アスベスト肺の症状は、肺が広範囲にわたって瘢痕化した後に徐々に現れます。瘢痕化によって肺は弾力性を失います。初期症状は、軽い息切れと運動能力の低下です。慢性気管支炎のある喫煙者がアスベスト肺を併発すると、せきや喘鳴(ぜんめい)が現れます。次第に呼吸がより苦しくなっていきます。アスベスト肺の患者の約15%で、重度の息切れと呼吸不全が起こります。

 

薬局